【必見】帰化申請の面接で何を聞かれるの?【詳細解説】

面接帰化申請
  • 帰化の面接は何を聞かれるの?
  • 面接はいつあるの?
  • 面接がうまくできるか心配…

帰化申請をした後に面接があります。

『面接って一体どんな感じなんだろう?』

と不安な方もいるでしょう。

この記事では面接で聞かれる事やポイントを解説をします。

 

行政書士 塚田
行政書士 塚田
私は現役の行政書士で、帰化申請の相談実績が100件以上あります。

 

  • この記事の結論
  • 面接では主に家族や仕事などの日常生活について聞かれる。
  • 帰化申請から約3か月後に面接が行われる。
  • 面接では『ウソ偽りなく』真実を話せば問題ない。

 

帰化には『面接』があります!

面接風景帰化申請後に法務局の担当者と面接があります。

 

面接を受ける人

15歳以上の申請者。

15歳未満の未成年者は面接がありません。

結婚している方は配偶者の同席を求められるケースがあります。

 

面接の時期

申請から2~3か月後です。

法務局から『面接に来てください』という連絡がきます。

面接は平日の昼間。

日程は申請者の都合に合わせてくれます。

 

面接当日の服装

服装は自由です。

スーツの必要はなく、普段着で行っても構いません。

ただし、派手な服装は担当官の印象を悪くする可能性があります。

清潔感のある服装を選びましょう。

 

面接当日の持ち物

  • 受付票
  • 在留カード
  • 運転免許証
  • パスポート

上記の他に追加資料を求められることがあります。

 

面接(面談)では何を聞かれるの?

Q&A基本的には提出した帰化申請書類の内容に沿った質問がされます。

具体的には申請者の家族関係、仕事、犯罪歴まで幅広く質問されます。

面接時間は約1時間です。

 

  • 主な質問内容
  • 出生から現在までの経緯
  • 家族について
  • 仕事に関すること
  • 納税について
  • 過去の犯罪歴について
  • 日本語能力の確認

 

行政書士 塚田
行政書士 塚田
面接では色々なことを聞かれます。最後の山場です。

 

出生から現在までの経歴

ペンを持つビジネスマンとスケジュールのイメージ

  • 質問内容
  • 出生地は?
  • 日本に来た理由
  • 過去の居住歴や今後の引っ越し予定について

 

家族構成について

家族3人の写真

  • 質問内容
  • 配偶者や婚約者の有無
  • 子どもの有無
  • 同居の家族はいる?
  • 兄弟姉妹はいる?
  • 家族は帰化に賛成しているか

 

申請者の仕事に関すること

仕事をする人

  • 質問内容
  • 過去の職歴(アルバイト歴も含む)
  • 現在している仕事内容
  • 給料の額
  • 今後の転職予定は?

 

納税について

税金

  • 質問内容
  • 税金を納めているか
  • 年金を納めているか

 

過去の犯罪歴について

  • 質問内容
  • 警察のお世話になった経験はあるか
  • 入管とトラブルになった経験はあるか
  • 交通違反はある?
  • 暴力団員や犯罪組織に属していないか

 

日本語能力の確認

ノートに書き込みする外国人

  • 質問内容

10歳程度の日本語能力はあるか

面接中に担当官は日本語能力も審査しています。

日本語でコミュニケーションが取れるのか?

さらに簡単なペーパー試験を受けることがあります。

 

行政書士 塚田
行政書士 塚田
自信がない方は日本語の『読み・書き』の勉強をしてから面接に臨みましょう。

 

面接で不許可になる場合はある?

悩むビジネスマン面接で帰化申請が不許可になるケースは少ないです。

質問に対して『ウソ』はダメですが、真面目に誠実に答えれば大丈夫です。

逆にウソをつくと不許可になる確率が高くなります。

 

緊張のあまり間違ったことを答えてしまう場合があります。

しかし、帰化は条件を満たし、かつ書類さえ揃っていれ許可はおります。

面接で上手く受け答えができなくても気にする必要はありません。

 

行政書士 塚田
行政書士 塚田
ウソをつかず、本当のことを答えていけば大丈夫です。

 

まとめ【帰化申請の面接について】

ヒアリングの様子帰化申請後に担当官と面接があります。

 

面接では主に『提出した書類の内容』について質問されます。

面談時間は1時間程度です。

 

話すのが苦手でも、うまく答えられなくても大丈夫です。

面談は緊張すると思いますがウソをつかず、真実を話してください。

 

行政書士 塚田
行政書士 塚田
よろしければ下記の記事も参考にしてください。

 

【関連記事】

 

行政書士塚田貴士事務所へのご相談はこちら

タイトルとURLをコピーしました